Tera Termマクロ コマンド一覧

※Ver4.92版

■通信コマンド
コマンドVer説明使い方
bplusrecvB-Plus プロトコルでファイルを受信する。bplusrecv
bplussendB-Plus プロトコルでファイルを送信する。bplussend <filename>
callmenu4.56以降ウインドウのメニューを実行する。callmenu <menu ID>
changedirTera Term の現在のディレクトリを変更する。changedir <path>
clearscreenウインドウの画面を消去する。clearscreen <int>
closettTera Term を終了させる。closett
connect接続する。connect <command line parameters>
cygconnect4.57以降Cygwinへ接続する。cygconnect [<command line parameters>]
disconnectTera Term とホストの間の通信を終了させる。disconnect [<confirm>]
dispstr4.67以降文字を端末画面に出力する。dispstr <data1> [<data2>....]
enablekeybTera Term のキーボード入力を許可/禁止する。enablekeyb <flag>
flushrecvMACRO の受信バッファーの内容を消す。flushrecv
gethostname4.61以降接続先のホスト名(IPアドレス)を得る。gethostname <strvar>
getmodemstatus4.86以降モデムの制御レジスタ値を取得する。getmodemstatus <intvar>
gettitleウインドウタイトル文字列を得る。gettitle <strvar>
kmtfinishKermit Finish コマンドを実行する。kmtfinish
kmtgetファイルを Kermit Get コマンドで受信する。kmtget <filename>
kmtrecvKermit プロトコルでファイルを受信する。kmtrecv
kmtsendファイルをKermit プロトコルで送信する。kmtsend <filename>
loadkeymapキーボード設定ファイルを読み込む。loadkeymap <filename>
logautoclosemode4.79以降マクロ終了時、自動的にログ採取を停止する。logautoclosemode <flag>
logcloseTera Term のログを終了する。logclose
loginfo4.73以降Tera Term のログ取得状態を得るloginfo <strvar>
logopenTera Term のログを開始する。logopen <filename> <binary flag> <append flag> [<plain text flag> [<timestamp flag> [<hide dialog flag>]]]
logpauseTera Term のログを一時中断する。logpause
logrotate4.78以降ログをローテートする。logrotate 'size' '<size>'
logrotate 'rotate' <count>
logrotate 'halt'
logstart中断していた Tera Term のログを再開する。logstart
logwrite文字列をログに書き込む。logwrite <string>
quickvanrecvQuick-VAN プロトコルでファイルを受信する。quickvanrecv
quickvansendQuick-VAN プロトコルでファイルを送信する。quickvansend <filename>
recvln一行分の文字を受信する。recvln
restoresetup設定ファイルを読み込む。restoresetup <filename>
scprecv4.57以降SCPプロトコルでファイルを受信する。scprecv <remote filename> [<local filename>]
scpsend4.57以降SCPプロトコルでファイルを送信する。scpsend <filename> [<destination filename>]
sendデータを送信する。send <data1> <data2>....
sendbreakブレーク信号をホストへ送出する。sendbreak
sendbroadcast4.62以降データをブロードキャスト送信する。sendbroadcast <data1> <data2>....
sendfileファイルを送信する。sendfile <filename> <binary flag>
sendkcodeキーコードを送信する。sendkcode <key code> <repeat count>
sendlnデータと改行を送信する。sendln <data1> <data2>....
sendlnbroadcast4.62以降データと改行をブロードキャスト送信する。sendlnbroadcast <data1> <data2>....
sendmulticast4.62以降データをマルチキャスト送信する。sendmulticast <multicastname> <data1> <data2>....
setbaud4.58以降シリアルポートのボーレートを変更する。setbaud <value>
setdebug4.64以降デバッグモードを設定する。setdebug <flag>
setdtr4.59以降Tera Term で DTR の状態を変更する。setdtr <flag>
setechoTera Term のローカルエコー (local echo) の状態を変更する。setecho <echo flag>
setmulticastname4.62以降マルチキャスト送信のための端末識別名を設定する。setmulticastname <multicastname>
setrts4.59以降Tera Term で RTS の状態を変更する。setrts <flag>
setsync同期モードを設定する。setsync <sync flag>
settitleウインドウタイトル文字列を変更する。settitle <title>
showttTera Term ウインドウの表示状態を変更する。showtt <show flag>
testlink現在のリンクおよび接続の状態を報告する。testlink
unlink現在の Tera Term ウインドウと MACRO の間のリンクを断つ。unlink
wait文字列を待つ。wait <string1> [<string2> ...]
wait4all4.63以降マクロに接続されている全端末の文字列を待つ。wait4all <string1> [<string2> ...]
waiteventイベントを待つ。waitevent <events>
waitln文字列を含む行を待つ。waitln <string1> [<string2> ...]
waitn4.62以降指定されたバイト数の受信を待つ。waitn <received byte count>
waitrecv文字列を待つ。waitrecv <sub-string> <len> <pos>
waitregex4.21以降正規表現文字列を含む行を待つ。waitregex <string1 with regular expression> [<string2 with regular expression> ...]
mwaitregex <string1 with regular expression> [<string2 with regular expression> ...]
xmodemrecvXMODEM プロトコルでファイルを受信する。xmodemrecv <filename> <binary flag> <option>
xmodemsendXMODEM プロトコルでファイルを送信する。xmodemsend <filename> <option>
ymodemrecv4.66以降YMODEM プロトコルでファイルを受信する。ymodemrecv
ymodemsend4.66以降YMODEM プロトコルでファイルを送信する。ymodemsend <filename>
zmodemrecvZMODEM プロトコルでファイルを受信する。zmodemrecv
zmodemsendZMODEM プロトコルでファイルを送信する。zmodemsend <filename> <binary flag>

■制御コマンド
コマンドVer説明使い方
break4.53以降ループから抜ける。break
callサブルーチンをコールする。call <label>
continue4.77以降ループの次の反復処理に移る。continue
do, loop4.56以降繰り返す。do [ { while | until } <expression> (option)]
...
loop [ { while | until } <expression> (option)]
endマクロの実行そのものを終了する。end
execcmndTTL コマンド を実行する。execcmnd <statement>
exitメインファイルへ戻る。exit
for, next繰り返す。for <intvar> <first> <last>
...
next
gotoラベルへジャンプする。goto <label>
if, then, elseif, else, endif条件分岐詳細ページ参照
includeインクルードファイルに移る。include '<include file name>'
mpause4.27以降休止する。(ミリ秒)mpause <time>
pause休止する。(秒)pause <time>
returnサブルーチンを抜け、メインルーチンへ戻る。return
until, enduntil4.56以降繰り返す。until <expression>
...
enduntil
while, endwhile繰り返す。while <expression>
...
endwhile

■文字列操作コマンド
コマンドVer説明使い方
code2strASCII コード値を文字列に変換する。code2str <strvar> <ASCII code>
expandenv4.71以降環境変数文字列を展開する。expandenv <strvar> [<strval>]
int2str整数値を文字列に変換する。int2str <strvar> <integer value>
regexoption4.78以降正規表現の文法、文字エンコーディング、オプションを設定する。regexoption <option1> [<option2> ...]
sprintf4.52以降フォーマットされた出力を返す。sprintf FORMAT [ARGUMENT ...]
sprintf24.62以降フォーマットされた出力を返す。sprintf2 strvar FORMAT [ARGUMENT ...]
str2code文字列を ASCII コード値に変換する。str2code <intvar> <string>
str2int文字列を整数値に変換する。str2int <intvar> <string>
strcompare文字列を比較する。strcompare <string1> <string2>
strconcat文字列を継ぎ足す。strconcat <strvar> <string>
strcopy文字列をコピーする。strcopy <string> <pos> <len> <strvar>
strinsert4.67以降文字列を挿入する。strinsert <strvar> <index> <string>
strjoin4.67以降文字を連結する。strjoin <strvar> <separator> [<count>]
strlen文字列の長さを返す。strlen <string>
strmatch4.59以降正規表現によるパターンマッチングを行う。strmatch <target string> <string with regular expression>
strremove4.67以降文字列を削除する。strremove <strvar> <index> <len>
strreplace4.67以降文字列を置換する。strreplace <strvar> <index> <regex> <newstr>
strscan部分文字列の位置を返すstrscan <string> <substring>
strspecial4.67以降特殊文字を変換する。strspecial <strvar> [<strval>]
strsplit4.67以降文字列を分割する。strsplit <strval> <separator> [<count>]
strtrim4.67以降前後の文字を削除する。strtrim <strvar> <trimchars>
tolower4.53以降文字列をすべて小文字に変換する。tolower <strvar> <string>
toupper4.53以降文字列をすべて大文字に変換する。toupper <strvar> <string>

■ファイル操作コマンド
コマンドVer説明使い方
basename4.69以降パス名からファイル名を得る。basename <strvar> <path>
dirname4.69以降パス名からディレクトリ名を得る。dirname <strvar> <path>
filecloseファイルハンドルを閉じる。fileclose <file handle>
fileconcatファイルの内容を別のファイルに追加する。fileconcat <file1> <file2>
filecopyファイルをコピーする。filecopy <file1> <file2>
filecreateファイルを作成する。filecreate <file handle> <filename>
filedeleteファイルを削除する。filedelete <filename>
filelock4.74以降開いているファイルをロックする。filelock <file handle> [<timeout>]
filemarkptrファイルポインタを保存する。filemarkptr <file handle>
fileopenファイルを開く。fileopen <file handle> <filename> <append flag>
filereadlnファイルから一行読む。filereadln <file handle> <strvar>
fileread4.48以降ファイルを読む。fileread <file handle> <read byte> <strvar>
filerenameファイル名を変更する。filerename <file1> <file2>
filesearchファイルまたはフォルダがあるか確かめる。filesearch <filename>
fileseekファイルポインタを移動する。fileseek <file handle> <offset> <origin>
fileseekback"filemarkptr" コマンドで保存した位置にファイルポインタを移動する。fileseekback <file handle>
filestat4.66以降ファイルの統計情報を取得する。filestat <filename> <size> [<mtime>] [<drive>]
filestrseek文字列をファイルの先頭から末尾に向かって検索する。filestrseek <file handle> <string>
filestrseek2文字列をファイルの末尾から先頭へ向かって検索する。filestrseek2 <file handle> <string>
filetruncate4.67以降ファイルのサイズを変更する。filetruncate <filename> <size>
fileunlock4.74以降開いているファイルのロックを解除する。fileunlock <file handle>
filewriteファイルに文字列を書き込む。filewrite <file handle> <string>
filewritelnファイルに文字列を改行付きで書き込む。filewriteln <file handle> <string>
findfirst, findnext, findclose文字列に合致する最初のファイルを探す。
文字列に合致する次のファイルを探す。
ディレクトリハンドルを解放する。
findfirst <dir handle> <file name> <strvar>
findnext <dir handle> <strvar>
findclose <dir handle>
foldercreate4.69以降フォルダを作成する。foldercreate <foldername>
folderdelete4.69以降フォルダを削除する。folderdelete <foldername>
foldersearch4.69以降フォルダがあるか確かめる。foldersearch <foldername>
getdirMACRO の現在のディレクトリを得る。getdir <strvar>
getfileattr4.69以降ファイルまたはディレクトリの属性を得る。getfileattr <filename>
makepathフルパス名を作成する。makepath <strvar> <dir> <name>
setdirMACRO の現在のディレクトリを変更する。setdir <dir>
setfileattr4.69以降ファイルまたはディレクトリの属性を変更する。setfileattr <filename> <attributes>

■パスワードコマンド
コマンドVer説明使い方
delpasswordパスワードを削除する。delpassword <filename> <password name>
getpasswordパスワードを読み出す。getpassword <filename> <password name> <strvar>
ispassword4.75以降パスワードが設定されているかを判別する。ispassword <filename> <password name>
passwordboxパスワードを入力するためのダイアログボックスを開く。passwordbox <message> <title> [<special>]
setpassword4.75以降パスワードを追加もしくは更新する。setpassword <filename> <password name> <strvar>

■その他のコマンド
コマンドVer説明使い方
beepビープ音を鳴らす。beep [<sound type>]
bringupbox4.78以降statusbox コマンドによって開かれたステータスダイアログボックスを最前面に表示する。bringupbox
checksum84.78以降8bit checksumを計算する。checksum8 <intvar> <string>
checksum8file4.78以降8bit checksumを計算する。checksum8file <intvar> <filename>
checksum164.78以降16bit checksumを計算する。checksum16 <intvar> <string>
checksum16file4.78以降16bit checksumを計算する。checksum16file <intvar> <filename>
checksum324.78以降32bit checksumを計算する。checksum32 <intvar> <string>
checksum32file4.78以降32bit checksumを計算する。checksum32file <intvar> <filename>
closesboxstatusbox コマンドによって開かれたステータスダイアログボックスを閉じる。closesbox
clipb2var4.46以降クリップボードのテキストデータをコピーする。clipb2var <strvar> [<offset&]
crc164.78以降CRC-16-IBMを計算する。crc16 <intvar> <string>
crc16file4.78以降CRC-16-IBMを計算する。crc16file <intvar> <filename>
crc324.60以降CRC-32を計算する。crc32 <intvar> <string>
crc32file4.60以降CRC-32を計算する。crc32file <intvar> <filename>
execアプリケーションを起動する。exec <command line> [<show> [<wait>]]
dirnamebox4.86以降ディレクトリ名を選択するダイアログボックスを開く。dirnamebox <title> [<initialdir>]
filenamebox4.54以降ファイル名を選択するダイアログボックスを開く。filenamebox <title> [<dialogtype>]
getdate現在の日付を得る。getdate <strvar> [<format> [<timezone>]]
getenv環境変数を得る。getenv <envname> <strvar>
getipv4addr4.78以降自端末のIPv4アドレスを取得する。getipv4addr <string array> <num>
getipv6addr4.78以降自端末のIPv6アドレスを取得する。getipv6addr <string array> <num>
getspecialfolder4.72以降特殊フォルダのパスを取得する。getspecialfolder <strvar> <foldertype>
gettime現在の時刻を得る。gettime <strvar> [<format> [<timezone>]]
getttdir4.60以降ttpmacro.exe があるディレクトリを得る。getttdir <strvar>
getver4.58以降Tera Termのバージョンを取得する。getver <strvar> [<version>]
ifdefined4.46以降型を調べる。ifdefined <var>
inputbox文字列を入力するためのダイアログボックスを開く。inputbox <message> <title> [<default> [<special>]]
intdim4.72以降整数配列型の変数を宣言する。intdim <array size>
listbox4.78以降リストボックスを開き、ユーザーに項目を選択させる。listbox <message< <title< <string array< [<selected<]
messageboxダイアログボックスを開き、ユーザーにメッセージを知らせる。messagebox <message> <title> [<special>]
random4.27以降乱数を生成する。random <integer variable> <max value>
rotateleft4.54以降左にローテート(循環シフト)する。rotateleft <intvar> <intval> <count>
rotateright4.54以降右にローテート(循環シフト)する。rotateright <intvar> <intval> <count>
setdateシステムの日付を変更する。setdate <date>
setdlgposダイアログボックスの位置を設定する。setdlgpos <x> <y>
setenv4.54以降環境変数を変更する。setenv <envname> <strval>
setexitcodeMACRO の終了コードを設定する。setexitcode <exit code>
settimeシステムの時刻を変更する。settime <time>
showMACRO ダイアログの表示状態を変更する。show <show flag>
statusboxステータスダイアログボックスを表示する。statusbox <message> <title> [<special>]
strdim4.72以降文字列配列型の変数を宣言する。strdim <array size>
uptime4.81以降OSの稼働時間を取得する。uptime <intvar>
var2clipb4.46以降テキストデータをクリップボードにコピーする。var2clipb <string>
yesnoboxダイアログボックスを開き、ユーザーに「はい」/「いいえ」を選択させる。yesnobox <message> <title> [<special>]